豪鬼 基本コンボ


コンボ解説



小竜巻受身刈り

・下小K×2→小竜巻→昇りJ小K→下大P→大昇龍

解説 画面端で小竜巻の2段目のみを当てると相手は前or後受身しか取れなくなるので(ランダムでN受身が取れる)
受身を取った相手に昇りJ小Kが刺さる。




小足波動始動
・小発動 下小K→大波動拳→大百鬼豪尖(空)→遠大P→大百鬼豪尖→遠大P→大百鬼豪尖→(画面端到達){遠大P→波動拳(空)}×α
→(OC終了際に)小百鬼豪尖→近大P→小百鬼豪尖

解説
ゲージに左右されない安定OCパーツ。密着での割り込みで使う。波動から大百鬼豪尖(空)の繋ぎが若干難しいので波動後は
ニュートラルを意識して百鬼を入力すると良い。




対空OC
・小発動 近大P→大昇龍→近大K→大百鬼豪尖→大波動拳→大百鬼豪尖→(画面端到達){遠大P→波動拳(空)}×α
→(OC終了際に)小百鬼豪尖→近大P→小百鬼豪尖

解説
近大Pを始動技にすることである程度相手の後光対策にもなる対空OC。
大昇龍後、相手によって当たり方が変わるので波動や遠大Pに切り替える等してフォローしよう。




ダウン投げOC
・小発動 下大K→中百鬼豪砕→遠大P→大百鬼豪尖→遠大P→大百鬼豪尖→(画面端到達){遠大P→波動拳(空)}×α
→(OC終了際に)小百鬼豪尖→近大P→小百鬼豪尖

解説
大足払いの先端がOC間合いになるのでかなり広く、しかも下段、高威力、と凶悪なOC。
ダウン投げは慣れるまで難しいので繰り返し練習してタイミングを体で覚えるしかない。




露骨発動

・画面端でダウンしてる相手に対して小発動 大灼熱→大百鬼豪衝→下小K→波動拳(空){遠大P→波動拳(空)}×α
→(OC終了際に)小百鬼豪尖→近大P→小百鬼豪尖

解説
古くからあるガード不能OC。画像を見て分かるとおり百期豪衝(中段)と下小K(下段)が同時にヒットしているのでガード不能となる。
回避方法はゼロカウンター、リバーサル上半身無敵技、リバーサルワープなど。


大発動2回起こし
・大発動 下中K→下大K→中百鬼豪砕→遠大K→大百鬼豪尖→(画面端到達)遠大P→旋風脚(空)→中昇竜(1ヒット)
→(折り返し)遠大P→大百鬼豪尖→下大K(空)→中百鬼豪砕→近大P→大百鬼豪砕→大昇竜

解説
通称2回起こし。通常キャラに対してダメージ8〜9割。Xキャラに対しては即死。
その上ゲージは約35%〜40%回収と極悪なコンボだが難度は相当高い。 最後の大昇竜は後ろ受身によってダメージを軽減されてしまうが
その場合は昇り小Kを出す事によって、受身に刺さりその後、近大P→昇竜等が入り更なるダメージが期待出来るので読み合いとなる。
体力差が絶望的な状況での一発逆転に狙おう。




中発動2回起こし
・中発動 下中K→下大K→中百鬼豪砕→遠大K→大百鬼豪尖→(画面端到達)旋風脚(空)→波動拳(空)→残像ヒット→(折り返し)遠大P
→小百鬼豪尖→中百鬼豪尖→下大K(空)→中百鬼豪砕→近大P→大百鬼豪砕→大昇竜

解説
上記の大発動二回起こしより時間をかけずに折り返す事ができる。しかし難易度は大発動のものより上。
画面端到達時の大百鬼豪尖をなるべく低空で当てて、即座に旋風を出すと裏へ回りやすい。




中発動2回起こし(2P)
・中発動 下大K→中百鬼豪砕→遠大P→中百鬼豪尖→(画面端到達)大百鬼豪尖(空)→(折り返し)遠大P→小百鬼豪尖→中百鬼豪尖
→下大K(空)→中百鬼豪砕→近大P→大百鬼豪砕→昇りJ小K→大昇竜

解説
古くからある2P限定の折り返しOC。1Pの折り返しに比べるとかなり簡単。
締めは後ろ受身を取った相手に昇りJ小Kを刺し、着キャン大昇竜。補正が切れるのでダメージはほぼ即死レベル。




春麗・ローズ限定3回起こし
・大発動 下中K→下大K→中百鬼豪砕→{遠大K→大百鬼豪尖→下大K(空)→大百鬼豪砕}×2→近大P→大百鬼豪砕→大昇龍

解説
春麗とローズは百鬼豪砕後、裏に向かって吹き飛ぶので画面中央をダウン投げで往復して投げられる。
豪砕後の近大Pは位置が入れ替わっているのでレバーを逆に入れないと近大Pが出ないので注意。
最後の昇龍拳も振り向き昇龍コマンドの1236で出すこと。




インフレループ
・小発動 (灼熱連打でインフレ後)近大K→小百鬼豪尖→近大P小百鬼豪尖→J大P→近大K→(ガードクラッシュ)下大K
→{J大P→下大K(ガードクラッシュ)}×α

解説
リュウのものとほぼ一緒。豪鬼のパーツの方が短時間でガードクラッシュさせることができ、威力も高い。

inserted by FC2 system